読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

Hey, TAXI?

こんばんは。今夜はいい夜になりそうですね。
Good night.

彼は僕に大切なことを教えてくれた。
Taxi driver taught me the real.

「お客さん、弁護士先生や代議士先生も人の子です。」
「人間は対等であるべきなんです。」
"We are human beings. You are as same as one of them."

彼の父は裁判官を辞めた。
その理由は、「法は所詮は人間の作ったシステム」だからだそうだ。
彼は2年前に他界した偉人だ。
The "God Father" said "It's a system of humans."
I think so. The law is a system.

私は父から言われた、「無職の身のお前が先生方の集まる結婚式に行っても肩身が狭いだけだ」という言葉を話した。
My father tell me that "You are foolish or a pierrot".

ありがとうございます。
Merci beaucoup. Thank you for your kindness.

"This is it" I think, feel, and believe.

人間には3つの自由が保障されている。
The freedom will be, will be,,, forever.

精神の自由
経済活動の自由
身体の自由
There are the reals and freedoms, I think.

法の抜け道が存在するのは、法が複雑だからだ。
The nets is made by someone, because the law is too complexity.

弁護士は顧客の利益を事実をねじ曲げてまで最優先する必要はない。
The advocate never use a duty hack.

私は世の中の矛盾と戦う。
I will fight for the antinomy.

女性は一人の人と長く付き合い、その人が強運を持っているか見極めなければならない。
The lady must see the man.

タクシーの運ちゃん、サイコー!
The taxi is greatest for me.


I like it.
イイね!


Because I think logical, and I'm a contrary person, maybe.

Fork me on GitHub