someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

時計仕掛けの古時計

古びた母の形見の古時計
けちをつけるクレーマーが店内にいる

兄弟は古時計を見つけて喫茶店に持って行く
時計屋の親父が帰ろうとする

そこで動き出す仕掛け
機械の人形がギギギと動き出す
肝心の時計は直らないが、母の形見は元通り動くようになった

Fork me on GitHub