someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

命名規則あれこれ

命名規則について、ちょっと調べてみたのでメモ。
各言語には慣習として命名規則があるけれど、キャメルケースで書けと言われてもピンと来なかった。

  • CamelCase キャメルケース

ラクダのコブのようにコードの見た目がデコボコしてることから、そう呼ばれている。


CamelCaseには以下の2つがある。

種類 説明
PascalCase GetSomeItems 単語の頭文字を大文字にする
LowerCamelCase getSomeItems 先頭1字は小文字、単語の頭文字は大文字にする


C#はローカル変数以外はPascalCaseで書く、らしい。
DelphiとかPascalの影響だそう。
Javaはメソッド名や名前空間にLowerCamelCaseを使う。

  • SnakeCase スネークケース

アンダースコアで単語をつなげて、見た目が蛇(スネーク)のようなのでそう呼ばれている。
例. get_some_items


ローカル変数はこれでいいのかな。
シェルスクリプトとかはアンダースコアつけてる気がする。

  • おまけ:ハンガリアン

悪名高きハンガリアン記法

    • 正しいアプリケーションハンガリアン(プレフィックスを付けて間違いに気づきやすくする)

margin = yenIncome - dolPaid ←円からドルひいちゃダメだろう、と気づかせる

    • 誤ったシステムハンガリアン(こちらがふつーはハンガリアンと言われる)

例. str_message、request_byte


あれ?最後のよく見るような。。

Fork me on GitHub