someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

YAPC::Asiaで学んだこと

Perl書けないですが、LL Decadeで興味が湧いてYAPC::Asia Tokyo 2012に行ってきました。

Perlの父、Larry Wallの基調講演など見所はたくさんありました。

片手でviとシェル操作してるのどうやってたんだろ。

間口の広さ

私自身もそうですが、初参加の方や非プログラマがけっこういてそういう人でも楽しめるように工夫がされていました。

受付がみんな女性だったのはリア充っぽくてちょっと驚き。

YAPC駆動開発

YAPCに向けて何かを作ったり、参加して同窓会みたいになったり。

YAPCという場がモチベーションを与えていてすごいなーっと思いました。

LTソン

Hachioji.pm発のLTソンは雰囲気もよくて、すごい楽しかったです。

飛び入りで参加する人が多かったりで 途切れることがなかった。

2日目はあまり見れなかったけど1日目のHokkaido.pm Casualの方がベストLT賞だったようで。

技術的な内容じゃなくてもとにかく発表するんだというマインドに触発されて、私も社内で初LTしました!

おわりに

「なんか楽しそう」っていう雰囲気で「オレも混ぜて!」みたいに気軽にいけるのがYAPC::Asiaの特徴な気がしました。

普段Twitterやブログでしか見たことない人がそこにいて、普通に話してるっていうのが当たり前なんですけど新鮮な驚きで。

あの人なんかカッコいいなーとか触発されて背中を追いかけたり、 明日からがんばろうという気にさせてくれる、いいイベントだったなあと思います。

来年も行きます!!

Fork me on GitHub