someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

cygwinにslコマンドを入れてみた

GIGAZINEリアルslコマンドというのが紹介されていたのでcygwinに入れてみた。
slコマンドはlsコマンドの打ち間違いで、ジョークコマンドとして有名らしい。


[環境]
WindowsXP SP3
Cygwin1.7.9-1


[手順]
setup.exeでデフォルトインストールだと下記パッケージが足りないので入れる。

termcap
libncurses-devel

ターミナルから入れる場合はapt-cygを使うとよいと思う。
その他に基本的なgcc、make、patchあたりは必要。


slコマンドのソースをDLしてパッチを適用

wget http://www.tkl.iis.u-tokyo.ac.jp/~toyoda/sl/sl.tar
wget http://www.izumix.org.uk/sl/sl5-1.patch
tar -xvf sl.tar
cd sl
patch -p1 < ../sl5-1.patch

make実行

make CFLAGS='-I/usr/include/ncurses -L/usr/local/lib'

gcc -I/usr/include/ncurses/ -L/usr/local/lib -o sl sl.c -lncurses -ltermcap
/usr/lib/gcc/i686-pc-cygwin/3.4.4/../../../../i686-pc-cygwin/bin/ld: cannot find -ltermcap
collect2: ld はステータス 1 で終了しました
make: *** [sl] エラー 1

…おこられた。termcapのライブラリが見つからないらしい。
termcapでgrepすると/lib/zshの下にtermcap.dllがあった。


ということで訂正

make CFLAGS='-I/usr/include/ncurses/ -L/lib/zsh/4.3.12/zsh/'

これでOK。


あとは/usr/local/binとかに置いてPATHを通す。


こういうの作るセンスとかユーモアに感心するなぁ。

zshだと補完きいて面白さが半減するからやめたほうがいいよ!

Fork me on GitHub