someone's notebook

誰かさんの書いたジャポニカ学習帳

拘束バスに揺られて

ゆりかごから墓場まで

私は今、リムジンに拘束されながら高速道路を走っている。
正確には、事故防止の為の、おそらくは任意のシートベルト着用で座席に腰を下ろしてくつろいでいる。
成田Expressはなかなかいいが、横浜で行われる友人の結婚式でお披露目するスーツを受け取らなければいけない。

久しぶりに新調した革靴を見やると、少し表面に擦れた後がある。
どうやら、酔っ払ったか何かだろうか、私の足癖が悪かったようだ。

そういえば、最近は街角で靴磨きを見ないそうだ。

今頃、彼らは何をしているのだろうか。

或る先生は、ホームレスは精神異常者だと述べた。
明らかな偏見である。

私は、野に下ることも一つの人生だと思うし、放浪者というか流浪者は何処にでもいる。
それが、まあ、税金泥棒みたいになる人ばかりだと問題だが、彼らが一心不乱に空き缶を集めている姿を見る度に、私がまだ幼かった夏の日を思い出す。

私は、ただ暇を持て余していた。

夏休みとはいえ、毎日毎日友達と遊ぶわけではない。

私は、ひとつしたの竜一くんを誘って空きカン拾いに出かけた。
それが換金できることを幼いながらも知っていた。
勿論、いくら回収してもジュース一本の値段にさえ、子ども2人の力では遠く及ばない。

それでも良かった。

別にお小遣いが足らないわけでも、喉は渇くが公園などの水道水で十分だし、適当に街を散策しながら空き缶を集めるのが楽しかった。

いつからか、落し物を拾うことさえもハシタナイ事だと認識されていく。
誰かが、水道水は不衛生で汚らわしいと噂する。
皆が、何かの言うことを聞くようになり、大人になる。

そしていつしか年をとり、あの頃はこうだったと思い出話に花を咲かせる。


さて。

乞食だ、ルンペンだ、そんな事を騒ぎ立てる輩は大抵は悪ガキだと相場は決まっていた。

それを簡単に信じて、仲間はずれにする女の子達に人気の連中は性格が曲がっているか、ただの馬鹿者だった。

私はオタクだったかもしれない。

でも、きっと、イジりはしてもイジメはしなかった。
私たちの仲間は皆、優しさに溢れていた。

それは単に友達に恵まれたと云う話ではないと思う。

私は、無意識に人を選んでいたのだと思う。


合うか合わないか、ただ其れだけだが、そこに理屈や建前や法律が絡むのが世の常識だ。

煙草は絶対悪ではないし、ホームレスもStrangerではない。

人間だ。


私は、医療とは父性にあると考える。
何故なら、幼き日にお世話になった耳鼻科の先生は私に手を上げたし、「やす」と呼んでくれた。
感謝しているし、あの人の中に宿るものは医者が医者たる志のような「魂」ではなかったか。

Because the doctor from Germany.
And the humans and Germany words have sex, U and I think, feel, and believe.

Of course, we know.
But the kids never know.

You will know when you are about 14 or 12.

f:id:oklahomaok:20130730203857j:plain

JetStarに続け

素晴らしい接客態度を見た。

キャビンアテンダントは私が故意にタバコに火をつけたことに気づいていたが、伏せた。
パイロットは私が頭をぶつけたのを見て、声をかけた。

私は、航空法の事はよく存じ上げないが、おそらくは禁止だと云うことを知っていた。
(なぜなら、このご時世では煙草は絶対悪だからだ。)
それがどの程度の罰則か、そして始末書は間違いないことさえも私はある程度理解していた。

村上さんは、顧客が「間違えて」火を付ける可能性があるため、トイレに灰皿が用意されている旨を私に告げた。

それはおそらく正しい。

いや、きっと「間違い」だ。
ニコチン中毒で我慢できないからではない。

それは顧客または所属している組織の利益を保護していることを意味する。

素晴らしい守り、応対、そして機知。

OGも捨てたもんじゃない。

あんまり美女はいなそうだけど。。。

ライターじゃなくてマッチなら、お咎め無しとかないのかな。

火気厳禁。

Because the sensor is not found there.
And people have their noses which are the special sensors.

f:id:oklahomaok:20130727123518p:plain

往路となった機内にて

こんにちは。
博多に住民票を移し、仕事を見つけ、個人事業主として届け出を行いました。

まだ契約書にサインをしておりませんが、月収は前職の倍近くになります。
さらに、福岡は物価が安く住みやすいとくる。

もう、サイコーです( ̄▽ ̄)
あとは夏なんでビーチで美女と戯れたい。。

まあ、世間ではノマドとかバズってたりそうでもなかったりと色々あるわけですが、フリーランスとして新たなスタートを切るのは悪くない気がします。

スポーツ選手は単年契約が最小単位ですが、我々は4半期毎ですね。
その度にプレッシャーや責任が双肩にかかるわけです。

タレントさんのようにギャランティを頂くわけでもないし、フリーランスのエンジニアは分類が難しいというか、説明しにくい部分がありますね。

まあ、会社員が一国一城の主に仕える武士ならば、フリーランスは雇われの用心棒といったところでしょうか。

人を斬ったりはしませんけどね。
私は契約関係の上に成り立つ一個人です。

続く

今年のYAPCでは以下のLTをします。させて下さい。お願いしますm(_ _)m

私は今年、YAPC::ASIA2013スポンサーです。

以下の発表をする予定。がんばろ。



My dream, just now...

It will be, will be,,, the real.

I believe, think, feel, and work hard.

合理性という名の病理、あるいは自己管理

私たちは、何かに従う必要がある。

それは、理性だったり法律だったり道徳だったりする。

常識?普通?誰かが言ってた?

親?先生?偉い人?凄い人?

私は父に「配慮が足りない」と注意を受けることが多々ある。

それはその通りで、私は少しばかり人の気持ちを慮るのが苦手だ。


さて、本題。


今日も喫茶店でくつろいでいると、隣の隣くらいから話し声が聞こえてきた。

スマートフォンの地図を見れば、どこの会社が測量したかが分かる」
「これ(GPSやMAP)を上手く利用することが出来れば、商売になる」
「そんな管理を営業がされたらかなわんよ」

他愛のない世間話というか、仕事の合間の休憩のようだ。

それにしても、地図を見ただけで測量会社を見抜くとは、なかなかだ。

「昔はもっと自由だった。今は時代がね。」

そう言って、おじ様達はお昼のドトールが混雑することを見越したように、
屋外の食器置きに向かっていった。


私は、なぜ管理が必要になるのかを暫く考えていた。
おそらく、管理職になれば部下の管理が必須だ。
それに経営陣や株主なら、なおさらだ。

「経営者目線を持つことは大事だよ。」

これは大川畑さんという方に言われたことなんだけど、流石、将来お店を開くことが約束された男は言うことが違う。


私は、人が何か "Someone" を管理する背景には合理主義があると考えた。
それは商業主義や資本主義とは少々毛並みが違うように思える。

アメリカといえば、熱狂的な愛国心と合理主義の工業国だと私は認識している。

私は、日本がアメリカを追随していると世の中で散々揶揄されているのを知っている。
(もちろん、それはグローバリゼーションの一つの形であり、世界情勢だ。)

翻って、ドイツはどうだろうか?

彼らはEUにおいてリーダーシップをとる欧州の雄だ。
(むろん、周辺国、とりわけフランスやオランダなどの女房役も必須だ。)

対アメリカ、対グローバル化を考えた時、金子勝教授はローカライズが反作用として起きると述べた。

だが、今日の日本の地方都市に活気がみなぎっているとは到底思えない。。。


閑話休題。


話を戻すと、誤解を恐れずに言えば、合理主義とは社会的な病理なのではないかということだ。
それが私の考えだ。

皆が歯車の上で精一杯動く機械のようになってはいけないと思う。

なぜか?

我々には我々の方法があるからだ。
ただ懸命に泳いでも、泳ぎは上達しないし、賢明ではない。
私は水泳の経験者の友達に、泳法を教わった。

そして、私が海を泳ぐ「抜き手」と呼ばれる泳法が得意なことを知った。

私たちが「学習する」ということはそういうことではないだろうか。

社会や世界への対応能力
仕事やスポーツ、勉学に対する向き不向き
取引を行う双方のミスマッチ

そして過酷な労働の強要。

私はNoと言う。


それは怠慢だからではないし、機会や能力の問題でもない。

マイペースだからだ。


Because I gonna go my way, and maybe B or … A.

All human beings will be happy when they feel happy.


他己は管理したくないけど、自己管理はきちんとしよう。
やっと朝型生活に戻ってきました。。。

I never know the "Risk", because I'm a dangerous man, of course, you know.
Maybe risk management is lower than my price now, but in the future, we never know.

インスタント親父

「カッときたら、3分待て。」
田中の親父はそう言った。

まるでインスタントラーメンが出来上がるのを待つようだ。

「マクドナルドみたいな軟弱な食べ物が、日本を駄目にした。そしてこの自由が丘は品のない空っぽの街に成り下がった。」
渡辺の親父はこう言ったが、彼の出すコーヒーはマックの淹れたてコーヒーにも劣る、火にかけただけの使い捨ての珈琲だ。

或る時、彼は私をこう諭した。
「原田くん、皆が沢山の仮面を被って生きているんだよ。ちょっとやそっとでこの人はいい人なんだと思わないことだよ。」

また或る時、原田の親父はこう言った。
「世の中には守らなければいけないルールがある。」

私は、一旦は同意しかけたが、現時点ではやはり同意できない。

刹那で分かる優しさと云うものがある。
特に年配の方ほど、品というか礼儀がキチンとしている。
(少なくとも、僕の見立てでは。)

親父達に限らず、誰でも艶やかな事や煌びやかな事が好きだ。
そして、そんな自分を恥じる心がある。
(僕はまだ経験や社会勉強が足りないから、時々、失敗する。)

けれども、道徳と分別を忘れた事はない。

普通は、迷惑なメールには「もう送らないで下さい。」という返信があるものだ。
普通は、煩い部下を注意するために「皆もそう思ってる。お前はアタマがおかしい。」などと言わないものだ。
普通は、人は人の身体の自由を拘束できない筈だ。
普通は、第三者が当事者間の問題に口を出すにはそれ相応の覚悟や意志が必要だ。
常識的に考えて、トイレに鍵をかけたのを無理に開錠したり、ドアをいきなり開けて「失礼」の一言も発言しないのは甚だおかしい。

私は、ごく普通の父親であり人間だ。
まだ若く、しかし考えは老成している部分がある。(熟考は苦手だ。)

とにかく、Anyway, anytime, anywhere,

娘のことを第一に考え、父親としての威厳を以って行動することをここに誓う。

そして、それ以外には道理など有りはしないと思う。



ところで、話は変わるが、「自在」という言葉は、自らが在ると書く。

私は、自由ではなく、自在に為りたい。

最終的には、私は私の到達点に向かって突き進むのみだ。

(もちろん、休憩を適宜入れる ('∇')y-。ο ○

それはある意味では名医になることであり、
ハッカー精神の宿った技術者になることであり、
信頼される人間性や魅力を持つことにある。

それが、おそらくは各々の「徳」"morality morals"というものだと信ずることにする。




私はせっかちな短気者でもあり、
さながら瞬間湯沸かし器のようでもあり、
頑固オヤジのようでもあり、
移ろいやすい心を持った人間でもある。

Because I'm a man of mirrors, and maybe like very "Hot" Nisshin Cup Noodle.

Wozの魔法使いによろしく

あれは2010年の暮れのことだったと思います。
一人の社員がAndroidアプリのプロトタイプ作成に手を挙げます。

彼はまだまだ未成熟のScript kiddieでした。

彼はなんとか自力でHackして仕様を満たせるよう努力しました。

そんな折、彼に信じがたい言葉を投げかける人がいました。
「まず報告しろ。」

たしかに、彼は報告を怠った。それは社会人としてあるまじき行為だった。

だが、それは果たしてミスなのだろうか?
叱責や処罰の対象だろうか?
私は、そうは思わない。

「よちよち歩きでOKでちゅよ」

これはPerlの父、Larry Wallの言葉だ。

我々は、いつでも好奇心と研究心を歓迎するし、真に自由を愛している。
そういうとキチガイじみているが、狂気とmoralの境目くらいは認識している。

私はYellow Hackerだ。
黄色は警告を意味する。

私は警告する。

そのやり方は正しくないし、賢明でもないし、"The Answer"でもない。
それが私の唯一の答えであり、ドンキホーテのように立ち向かった証でもある。

最後に一つだけ。


プログラマー諸君、元気を出して働こう。
我々は奴隷ではないし、ペットでもない。

人間だ。



Because we are human beings.

I respect Steves, especially "Stephen Gary Wozniak".

Fork me on GitHub